免責事項:本ページに掲載する情報には、お客様の利便性のために機械翻訳を使用しています。そのため、情報の正確性、相当性、完全性などを保証するものではありません。または、当翻訳の正確性に関わる問題が発生した場合も、オートメーション・エニウェアは一切の責務を負いませんのでご了承ください。オリジナルの英語版も合わせてご確認ください。

A2019-URLウイルスの合計を確認する

ボットは入り口の不審なURLに基づいてポータルvirustotal.comから情報を抽出し、CSVファイルを待機して、サイバー脅威をリストしたExcelを生成します

主なメリット

  • 悪意のある脅威の数をURLで確認する悪意のある脅威の数をURLで確認する
  • マルウェアの脅威の数を示すURLを確認します
  • フィッシング脅威の数のURLを確認します
  • 悪用ドメインからドメイン所有者のメールを取得する
  • 虐待ドメインの連絡先電話番号を取得する

タスク

  • 悪意のあるURLを読み取って検証し、サイバー脅威の詳細を取得する
  • 悪意のある、マルウェア、フィッシング、および疑わしい脅威の数を取得してカウントします
  • 悪用ドメイン、悪用ドメイン連絡先電話番号、ドメイン作成日からドメイン所有者のメールを取得
  • 分析したすべての情報をExcelファイルにコピーします
  • プロセスがシステムをクラッシュさせたかどうかを検出し、自動的に回復します
  • Excelファイルを保存

問題:今日、セキュリティはファイアウォールとして機能し、プロキシは悪意のあるURLを非常に多くキャプチャするため、セキュリティ担当者はそれを分析する時間がありません。たとえば、平均して1200人の従業員を抱える企業では、毎月約170,000のURLが生成されます。

解決策:これは無人ボットです。ボットは、疑わしいURLに基づいてWebポータルvirustotal.comから情報を抽出します。入り口では、URLのCSVファイルが照会されるのを待ち、サイバー脅威の関連する定量化を含むExcelファイルを出力に生成します。

価値:このボットは、脅威を取得するために必要な長い時間、5人以上の専門家から費やしたお金、および非効率的な結果を節約します。

Bot を入手

無料

Botセキュリティ プログラム
レベル 1
アプリケーション
業務プロセス
カテゴリ
ダウンロード回数
15
ベンダー
オートメーションのタイプ
Bot
最終更新日
2020 年 9 月 24 日
初公開日
2020 年 9 月 24 日
Enterprise のバージョン
A2019
ReadMe
ReadMe
サポート

Bot が動作する様子

パラメータ構成のロード
悪意のあるURLの脅威に関する情報を取得します
プロセス終了時のExcel出力ファイル
前へ 次へ
パラメータ構成のロード
悪意のあるURLの脅威に関する情報を取得します
プロセス終了時のExcel出力ファイル

セットアップ工程

インストール

Bot をダウンロードし、指示に従って AAE Control Room にインストールします。

構成

Bot を開いて、Bot に必要なユーザー名とその他の設定を構成します (詳細については、インストール ガイドまたは ReadMe を参照)。

実行

これで Bot の準備は完了です。すぐに実行してみましょう。

要件と入力内容

  • Python.exeの最新バージョンが必要
  • Whois64.exeの最新バージョンが必要
  • に含まれるWhois64.batのラッパーが必要Control Room
  • 3列のCSVファイルを入力します。CSVファイルテンプレートは、Control Room