免責事項:本ページに掲載する情報には、お客様の利便性のために機械翻訳を使用しています。そのため、情報の正確性、相当性、完全性などを保証するものではありません。または、当翻訳の正確性に関わる問題が発生した場合も、オートメーション・エニウェアは一切の責務を負いませんのでご了承ください。オリジナルの英語版も合わせてご確認ください。

Avaya Application Enablement Services Automation

このボットは、ボットがサービスコントローラー、AE、TSAPI、CVLAN、DLGステータスなどをチェックするAvayaコンタクトセンターに役立ちます。

主なメリット

  • 24 * 7 * 365のリアルタイム監視
  • AvayaAES環境との迅速かつシームレスな統合
  • 人間の介入を必要としない高速で効率的な処理
  • 非常に正確で継続的な学習
  • 時間を節約し、手作業を削減します

タスク

  • 構成ファイルを読み取り、ユーザーが作成した変数にデータを保存します
  • フォルダ構造を作成し、レポートのExcelシートを出力フォルダにコピーします
  • Avaya AES Webページを起動し、ログインして、すべてのユーザー、サービスコントローラー、AEサービス、およびサービス概要オプションのリストに移動します
  • 尊重されたレポートを読み取り、CSVファイルにフェッチしてログアウトします
  • レポートExcelシートを開き、CSVファイルからフェッチしたデータを挿入し、シートを保存して閉じます
  • 構成された電子メールアドレスにAESレポートExcelシートを送信します

Avaya Application Enablement Services Automationボットは、定期的なシステムチェックが通常手動で実行されるコンタクトセンタードメインにとって非常に有益です。ボットは、すべてのリストユーザー、ASAIリンク管理、DMCCサービス、CVLANサービス、DLGサービス、トランスポート層サービス、TSAPIサービス、AEサービスのステータス、サービスの概要などのサービスコントローラーのステータスを確認します。これらの重要なサービスはすべて、人間と同じように、事前定義された手順を使用して体系的な方法でボットによって監視されますが、エラーやミスはありません。
チェックと監視のアクティビティが完了すると、ボットはすべてのサービスの統合レポートを生成し、構造化されたCSV / Excel形式でユーザーが定義したそれぞれの電子メールID /マネージャーにメールで送信します。

リストされたサービスとは別に、Botは、ユーザーの追加、ユーザーパスワードの変更、AESと他のサーバー間のpingステータス、AESおよび他のサーバーからのルートステータスのトレース、デフォルトユーザーの変更など、AvayaAESで利用可能な他の機能でも使用できます。詳細、構成済みサービスの編集、ログインIDの追加、ログインIDのロック、ログインIDの変更、ログインIDの削除、すべてのCTIユーザーの一覧表示、デバイスの一覧表示、監査のダウンロード、エラー、Syslog、ステータスコントローラーの概要、CVLAN、DLG、DMCC、スイッチ接続、 TSAPIサービスの概要、TSAPIリンクのステータス、CA証明書、デフォルトの証明書の有効期限ステータスなど。

今すぐ購入

1 Bot あたり 200 米ドル
年間サブスクリプション

30 日間のフリー トライアル

追加購入オプションの見積もりを依頼する

Botセキュリティ プログラム
レベル 1
アプリケーション
業務プロセス
カテゴリ
ベンダー
オートメーションのタイプ
Bot
最終更新日
2020 年 12 月 3 日
初公開日
2020 年 12 月 3 日
Enterprise のバージョン
11.3.3
ReadMe
ReadMe
サポート

Bot が動作する様子

Avaya AESWebページスナップ
ソースコードスナップ
Excelシートsnap1を報告する
Excelシートsnap2を報告する
前へ 次へ
Avaya AESWebページスナップ
ソースコードスナップ
Excelシートsnap1を報告する
Excelシートsnap2を報告する

セットアップ工程

インストール

Bot をダウンロードし、指示に従って AAE Control Room にインストールします。

構成

Bot を開いて、Bot に必要なユーザー名とその他の設定を構成します (詳細については、インストール ガイドまたは ReadMe を参照)。

実行

これで Bot の準備は完了です。すぐに実行してみましょう。

要件と入力内容

  • Avaya AES6.3.3.x以降
  • Avayaが提供するLinuxOS5.10 +またはRedhatLinux OS 5.10+
  • Microsoft Excel2013または2016
  • AvayaAESユーザー資格情報
  • Configuration.txt
  • AvayaAESReports.xlsx