免責事項:本ページに掲載する情報には、お客様の利便性のために機械翻訳を使用しています。そのため、情報の正確性、相当性、完全性などを保証するものではありません。または、当翻訳の正確性に関わる問題が発生した場合も、オートメーション・エニウェアは一切の責務を負いませんのでご了承ください。オリジナルの英語版も合わせてご確認ください。

Avaya ExperiencePortalチェックリスト

このAvayaExperience Portalチェックリストボットは、EPM、MPP、およびテレフォニーポートのモードと状態のステータスをチェックするコンタクトセンターにとって非常に有益です。

主なメリット

  • 人間の関与なしに監視を継続
  • 迅速かつ効率的
  • 使いやすく、既存のセットアップとシームレスに統合
  • サービスに影響を与える可能性が少ない

タスク

  • 構成ファイルを読み取り、ユーザーが作成した変数にデータを保存します
  • フォルダ構造を作成し、レポートExcelシートを出力フォルダにコピーします
  • AEPを起動し、ログインし、EPM、MPP、ポート配布オプションに移動して、必要な詳細を取得し、ログアウトします
  • レポートExcelシートを開き、フェッチされたモードと状態の詳細を挿入し、シートを保存して閉じます
  • 最終レポートのExcelシートを構成済みの電子メールアドレスに送信します

Avaya Experience Portalチェックリストボットは、EPMサービス、MPPサービス、テレフォニーポートモードおよび状態ステータスなどの毎日のサービスチェックが通常手動で実行されるコンタクトセンタードメインにとって非常に有益です。このボットの助けを借りて、プロセス全体が人間の関与なしに自動化されます。ボットは、ビジネス要件に従って、1時間ごと、1日ごと、1週間ごと、または任意の間隔で実行するようにスケジュールできます。実行の最後に、ユーザーが定義したそれぞれの電子メールIDに詳細なレポートが送信されます。構造化されたCSV / Excel形式で。

今すぐ購入

1 Bot あたり 100 米ドル
年間サブスクリプション

30 日間のフリー トライアル

追加購入オプションの見積もりを依頼する

Botセキュリティ プログラム
レベル 1
アプリケーション
業務プロセス
カテゴリ
ベンダー
オートメーションのタイプ
Bot
最終更新日
2020 年 12 月 3 日
初公開日
2020 年 12 月 3 日
Enterprise のバージョン
11.3.3
ReadMe
ReadMe
サポート

Bot が動作する様子

アバイアエクスペリエンスポータル
ボットのソースコード
Excelシートを報告する
前へ 次へ
アバイアエクスペリエンスポータル
ボットのソースコード
Excelシートを報告する

セットアップ工程

インストール

Bot をダウンロードし、指示に従って AAE Control Room にインストールします。

構成

Bot を開いて、Bot に必要なユーザー名とその他の設定を構成します (詳細については、インストール ガイドまたは ReadMe を参照)。

実行

これで Bot の準備は完了です。すぐに実行してみましょう。

要件と入力内容

  • パッチ7.2.3を使用したAvayaExperience Portal 7.2.x
  • Avayaが提供するLinuxOS6.8以降またはRedhatLinux OS 6.8+
  • Microsoft Excel2013または2016
  • Configuration.txt
  • AvayaAEPReports.xlsx