免責事項:本ページに掲載する情報には、お客様の利便性のために機械翻訳を使用しています。そのため、情報の正確性、相当性、完全性などを保証するものではありません。または、当翻訳の正確性に関わる問題が発生した場合も、オートメーション・エニウェアは一切の責務を負いませんのでご了承ください。オリジナルの英語版も合わせてご確認ください。

Avayaセッションボーダーコントローラーモニタリングボット

Avaya SBC Botは、ダッシュボード、ライセンス、デバイス、インシデント、アラームステータス、およびユーザーの詳細をチェックするコンタクトセンターにとって非常に有益です。

主なメリット

  • アラームやエラーを特定する最速の方法
  • さまざまな監視手順を実行する時間を節約します

タスク

  • 構成ファイルを読み取り、ユーザーが作成した変数にデータを保存します
  • フォルダ構造を作成し、既存のファイルを削除し、レポートのExcelシートを出力フォルダにコピーします
  • レポートExcelシートを開き、Avaya SBC Webページを起動し、ログインして、ダッシュボード、デバイス、およびインシデント管理に移動します
  • 診断、ユーザー、一口の概要、アラーム、syslogオプションに移動します
  • 尊敬されるレポートをCSV形式で読み取り、フェッチしてログアウトします
  • CSVファイルから取得したデータを挿入し、シートを保存して閉じます
  • 統合レポートExcelシートを構成済みの電子メールアドレスに送信します

Avaya SBC監視ボットは、毎日のSBCおよびEMSサーバー、関連サービス、アクティブアラーム、最近のインシデント、SIP統計、システムログ、および診断が通常手動で実行されるコンタクトセンターにとって非常に有益です。このボットの助けを借りて、すべてのプロセスは人間の関与なしに自動化されます。
ボットは、ビジネス要件に従って、毎時/毎日/毎週または任意の時間に事前定義された間隔で実行するようにスケジュールでき、実行の最後に、統合された詳細レポートが添付され、それぞれの構成済み電子メールIDに送信されます。

リストされているSBCダッシュボードとは別に、デバイス管理、インシデント管理、診断、ユーザーの詳細、SIPサマリー、アクティブなアラーム、システムログのステータス、およびレポート。ボットは、サーバーステータス、ユーザー登録ステータス、監査ログのダウンロード、バックアップと復元などのリアルタイム監視も実行できます。

今すぐ購入

1 Bot あたり 500 米ドル
年間サブスクリプション

30 日間のフリー トライアル

追加購入オプションの見積もりを依頼する

Botセキュリティ プログラム
レベル 1
アプリケーション
業務プロセス
カテゴリ
ベンダー
オートメーションのタイプ
Bot
最終更新日
2021 年 1 月 5 日
初公開日
2021 年 1 月 5 日
Enterprise のバージョン
11.3.3
ReadMe
ReadMe
サポート

Bot が動作する様子

SBCのWebページ
ソース コード
構成ファイル
レポートExcelシート1
Excelシート2を報告する
前へ 次へ
SBCのWebページ
ソース コード
構成ファイル
レポートExcelシート1
Excelシート2を報告する

セットアップ工程

インストール

Bot をダウンロードし、指示に従って AAE Control Room にインストールします。

構成

Bot を開いて、Bot に必要なユーザー名とその他の設定を構成します (詳細については、インストール ガイドまたは ReadMe を参照)。

実行

これで Bot の準備は完了です。すぐに実行してみましょう。

要件と入力内容

  • Avaya SBC 8.0.x
  • AvayaはLinuxOS7.xを提供しました
  • Microsoft Excel2013または2016
  • AvayaSBC管理者ユーザー資格情報
  • AvayaSBCReports.xlsx
  • Configuration.txt