免責事項:本ページに掲載する情報には、お客様の利便性のために機械翻訳を使用しています。そのため、情報の正確性、相当性、完全性などを保証するものではありません。または、当翻訳の正確性に関わる問題が発生した場合も、オートメーション・エニウェアは一切の責務を負いませんのでご了承ください。オリジナルの英語版も合わせてご確認ください。

原価ロールアップ

在庫管理チームは、複数の BOMs/項目を作成/変更します。このプロセスは、新規項目の標準コストが更新されない状況について、カンバーシーな状況につながる場合があります。これにより、監査時に説明が難しくなる費用の差異が生じます。これらの状況でのアプリケーションの検出により、異なる状況を回避するのに役立ちます。

主なメリット

  • コスト変動の問題を削減
  • コスト差異調整の時間を短縮
  • マージンへの影響

低レベルまたはゼロコストなしの生材料のプロアクティブな検出

各 Bot フォルダーには、次の階層が含まれています。 o Error Folder → Logs• エラー ログ Month-Day-Year.txt: エラーのある場合は、タイム スタンプとともにエラー メッセージが記録されます。スナップショット• Error SnapMonth-Day-Year-Year: エラーのある場合は、エラーの大文字と小文字が区別されます。 - Bot のステータスがエラーのスクリーンショットによってキャプチャされます。

Bot を入手

無料

Botセキュリティ プログラム
レベル 1
アプリケーション
業務プロセス
カテゴリ
ダウンロード回数
63
ベンダー
オートメーションのタイプ
Bot
最終更新日
2020 年 7 月 24 日
初公開日
2019 年 3 月 20 日
サポート

Bot が動作する様子

前へ 次へ

セットアップ工程

インストール

Bot をダウンロードし、指示に従って AAE Control Room にインストールします。

構成

Bot を開いて、Bot に必要なユーザー名とその他の設定を構成します (詳細については、インストール ガイドまたは ReadMe を参照)。

実行

これで Bot の準備は完了です。すぐに実行してみましょう。

要件と入力内容

  • '- Automation Anywhere Enterprise v11 Client -MS Office-QAD Enterprise Edition
  • 入力: QAD_NoLowLevel_Input.xlsx には、文字列データ型ユーザー名 (QAD パスワードの入力パスワード - 項目タイプフィールドで定義された) のユーザー名 (この Bot で「Raw」として「Raw」で定義されているものなど) が含まれている必要があります。複数の項目タイプの場合は、それぞれがカンマで区切られます。