免責事項:本ページに掲載する情報には、お客様の利便性のために機械翻訳を使用しています。そのため、情報の正確性、相当性、完全性などを保証するものではありません。または、当翻訳の正確性に関わる問題が発生した場合も、オートメーション・エニウェアは一切の責務を負いませんのでご了承ください。オリジナルの英語版も合わせてご確認ください。

不正請求検出

この Bot は、Automation Anywhere のRPA 機能とともに、Datarobotの自動化された機械学習を使用して不正な請求を検出します。

主なメリット

Data Robot APIを使用して、クレームが不正であるかどうかを検出します。

IQ Bot 6.0 は必須です

キーユース ケース: Fraudsters は識別できません。これらは予測システムが見つからないため、保険会社が大規模か小規模であるかをターゲットします。詐欺を特定する予測モデルなしでは、保険会社には 2 つのオプションがあります。1. 請求は不要で、詐欺や給与の 2 を返します。はすべての請求をレビューし、処理が不良で、請求処理が遅いため、更新時にお客様を良くします。詐欺請求検出 Bot を使用すると、データ ロボット API を使用して、請求が 詐欺であるか、不正なかを検出できます。詐欺の請求の場合、Bot はスーパーバイザーに E メールを送信します。そうしないと、Bot はユーザーを請求システムに求めます。

Bot を入手

無料

Botセキュリティ プログラム
レベル 1
アプリケーション
業務プロセス
カテゴリ
ダウンロード回数
182
ベンダー
オートメーションのタイプ
Bot
最終更新日
2020 年 12 月 22 日
初公開日
2018 年 12 月 7 日
プラットフォーム
11.x
サポート

Bot が動作する様子

前へ 次へ

セットアップ工程

インストール

Bot をダウンロードし、指示に従って AAE Control Room にインストールします。

構成

Bot を開いて、Bot に必要なユーザー名とその他の設定を構成します (詳細については、インストール ガイドまたは ReadMe を参照)。

実行

これで Bot の準備は完了です。すぐに実行してみましょう。

要件と入力内容

  • AAE v11.1、<000040> 6.0
  • 入力
  • DataRobot CredentialsUsernameAPI KeyDataRobot KeyProject IDModel ID5トレーニング/テスト/予測モデルに必要な変数RULEMATCHESCLAIM_TYPE_MOTOR_THEFTDISTINCT_TYPES_ON_CLAIMPOLICY_CLAIM_DAY_DIFFREGIONDataソース-csvファイル