免責事項:本ページに掲載する情報には、お客様の利便性のために機械翻訳を使用しています。そのため、情報の正確性、相当性、完全性などを保証するものではありません。または、当翻訳の正確性に関わる問題が発生した場合も、オートメーション・エニウェアは一切の責務を負いませんのでご了承ください。オリジナルの英語版も合わせてご確認ください。

Splunk を使用してアプリケーション エラー ログを生成

アプリケーションログファイルを自動的にチェックし、Splunkでエラーレポートを生成します

主なメリット

  • Splunkにログを記録しないアプリケーションエラーを報告するプロセスを自動化します
  • 顧客/利害関係者が問題を報告する前に、プラットフォームの問題を積極的に特定して対応します

タスク

  • 入力Excelファイルを読み取る
  • システムからエラーを取得し、エラーをSplunkにプッシュします
  • Splunkからエラーログを生成する

このボットの目的は、さまざまなタイプのアプリケーションのエラーログファイルを生成してエラーを追跡するプロセスを自動化することです。含まれているボットは、Excelファイルを自動的に生成し、そのファイルを要求元の個人に送信する必要があります。

ボットは、指定されたフォルダー内のアプリケーションログファイルを自動的にチェックし、Splunkフォワーダーをインストールして活用するのではなく、Splunkアプリケーションを使用してすべてのファイルのエラーレポートを生成します。

主な使用例:このボットは、Splunkに報告しないアプリケーションでログ/エラーを追跡し、Splunkインターフェースに報告できる場合に、アプリケーションを通常の状態にすばやく復元するのに役立ちます。

Bot を入手

無料

Botセキュリティ プログラム
レベル 1
アプリケーション
業務プロセス
カテゴリ
ダウンロード回数
110
ベンダー
オートメーションのタイプ
Bot
最終更新日
2020 年 11 月 20 日
初公開日
2018 年 11 月 2 日
Enterprise のバージョン
11.3.3
サポート

Bot が動作する様子

入力ファイル
Splunk のイベント ページを作成
Splunk 検索エラー ページ
前へ 次へ
入力ファイル
Splunk のイベント ページを作成
Splunk 検索エラー ページ

セットアップ工程

インストール

Bot をダウンロードし、指示に従って AAE Control Room にインストールします。

構成

Bot を開いて、Bot に必要なユーザー名とその他の設定を構成します (詳細については、インストール ガイドまたは ReadMe を参照)。

実行

これで Bot の準備は完了です。すぐに実行してみましょう。

要件と入力内容

  • Splunk URL
  • 送信者メール ID
  • ユーザー E メール ID
  • Splunk 出力ファイル パス
  • ログ名