免責事項:本ページに掲載する情報には、お客様の利便性のために機械翻訳を使用しています。そのため、情報の正確性、相当性、完全性などを保証するものではありません。または、当翻訳の正確性に関わる問題が発生した場合も、オートメーション・エニウェアは一切の責務を負いませんのでご了承ください。オリジナルの英語版も合わせてご確認ください。

Invoicely でユーザーおよび組織の作成

このボットはinvoicely.comにログインし、Excelシートに記載されているリストからユーザーと組織の2種類のクライアントを追加します。

主なメリット

  • トランザクション速度を高速化
  • 100%正確なデータ処理
  • データエントリジョブに関する時間を短縮する
  • ロジックは Web ERP アプリケーションと統合できます
  • 各記録は 10 秒未満に作成されます。

タスク

  • Excel ファイルを読み取って検証
  • Web サイトで新規ユーザーまたは組織を作成
  • 用途MetaBot。GUIが変わっても、簡単に修正できます。
  • CSVまたはExcelからWebベースのERPに値を入力する必要がある任意のシステムと統合できます
  • 以前のセッションがログアウトしたかどうかを確認します

このボットは、Excelスプレッドシートの値を変数に読み取る必要がある場合、または値をweb-ERPなどの他のシステムに入力する必要がある場合の一般的なユースケースで参照できます。

入力:データは2枚のExcelで構造化された形式で保存されています。ユーザーに 1 つずつ、組織のものです。

アクション: 資格情報を使用して Web サイトにログインします。以前のセッションが正しく終了したかどうかを確認します。そうでない場合は、同じものを修正し、正常にログインします。Excel入力ファイルから複数のシートを読み取り、適切なページのWeb ERPInvoicely.comにデータを入力します。

出力:ボットはユーザーと組織の値を別々に識別し、それに応じてエラーなしでより高速なトランザクション速度でデータ入力を処理します。

ユースケース:Excelからデータを読み取り、Web-ERPまたはESI、PFなどのWebフォームにデータを入力するユースケース。

Bot を入手

無料

Botセキュリティ プログラム
レベル 1
アプリケーション
業務プロセス
カテゴリ
ダウンロード回数
34
ベンダー
オートメーションのタイプ
Bot
最終更新日
2020 年 12 月 7 日
初公開日
2020 年 1 月 6 日
Enterprise のバージョン
11.x
サポート

Bot が動作する様子

ホーム スクリーン
ページに入力されたデータ
追加したユーザーと組織です。
最終ログアウト検証画面
前へ 次へ
ホーム スクリーン
ページに入力されたデータ
追加したユーザーと組織です。
最終ログアウト検証画面

セットアップ工程

インストール

Bot をダウンロードし、指示に従って AAE Control Room にインストールします。

構成

Bot を開いて、Bot に必要なユーザー名とその他の設定を構成します (詳細については、インストール ガイドまたは ReadMe を参照)。

実行

これで Bot の準備は完了です。すぐに実行してみましょう。

要件と入力内容

  • Automation Anywhere V11.x (最小)
  • ログイン資格情報については、「cognitive icely.com」を参照してください
  • 入力ファイル:C:\ RPAプラクティスに保存されているボットと共有されるinvoicely.xlsx
  • ロジック metAbot の変数は、ログインするために作成されたメール アドレスとパスワードで更新する必要があります