免責事項:本ページに掲載する情報には、お客様の利便性のために機械翻訳を使用しています。そのため、情報の正確性、相当性、完全性などを保証するものではありません。または、当翻訳の正確性に関わる問題が発生した場合も、オートメーション・エニウェアは一切の責務を負いませんのでご了承ください。オリジナルの英語版も合わせてご確認ください。

JD Edwards BOM変更要求の自動化

このボットを使用すると、エンジニアはフォームに入力するだけでBOMにアイテム変更要求を行うことができ、JDEでの調整が完了します。

主なメリット

  • BOMへの変更要求を完了する時間を短縮
  • 入荷待ちまたは在庫切れの商品の通知
  • BOMから製造現場での生産までの時間を短縮

タスク

  • JDEのレコードを更新する
  • 在庫状況を検証する
  • 次のステップと完了の通知
  • Outlook電子メールでファイルをキャプチャします

自動化プロセスのワークフロー:
1. 電子メールは監視対象の電子メールサーバーによって受信されます
2. JD Edwardsにログイン
3. メールサーバーをループして有効なファイルを保存する
4. Excelドキュメントのループを開始します
5. 製造部品番号、ブランチ/プラント、要求者名、要求日、および要求者の電子メールを取得します
6. ブランチ/プラントが有効であることを確認してください
7. BOMに移動する
8. Excelファイルテーブルのループを開始
9. アイテム番号の取得、追加/削除、数量、数量発行コード、オペレーションシーケンス、請求書のタイプ
10. 追加/削除が追加の場合:
a。すべてのフィールドが入力されていることを確認します
b。リストにアイテムを追加
11% 追加/削除が削除された場合:
a。ループからアイテムを削除
12% Excelテーブルループの終わり
13% リクエスターに電子メールを送信し、Excelファイルを閉じます
14ドキュメントループの終わり
15 ドルボットファイルフォルダーをループし、すべてのファイルをアーカイブフォルダーに移動する
16% JD Edwardsからログアウトする

30 日間無料試用を開始

1 Bot あたり 2000 米ドル
年間サブスクリプション

追加購入オプションの見積もりを依頼する

Botセキュリティ プログラム
レベル 1
アプリケーション
業務プロセス
カテゴリ
ベンダー
オートメーションのタイプ
Bot
最終更新日
2021 年 2 月 4 日
初公開日
2020 年 8 月 11 日
Enterprise のバージョン
11.3.3
ReadMe
ReadMe
サポート

Bot が動作する様子

機能プロセスマップ
チャレンジ-ソリューション-結果
前へ 次へ
機能プロセスマップ
チャレンジ-ソリューション-結果

セットアップ工程

インストール

Bot をダウンロードし、指示に従って AAE Control Room にインストールします。

構成

Bot を開いて、Bot に必要なユーザー名とその他の設定を構成します (詳細については、インストール ガイドまたは ReadMe を参照)。

実行

これで Bot の準備は完了です。すぐに実行してみましょう。

要件と入力内容

  • JD Edwards環境URL
  • JDEdwardsのユーザー名とパスワード
  • フォルダパス-メールフォルダ、フィルタフォルダ、アーカイブフォルダ
  • メール設定(メール認証情報)