免責事項:本ページに掲載する情報には、お客様の利便性のために機械翻訳を使用しています。そのため、情報の正確性、相当性、完全性などを保証するものではありません。または、当翻訳の正確性に関わる問題が発生した場合も、オートメーション・エニウェアは一切の責務を負いませんのでご了承ください。オリジナルの英語版も合わせてご確認ください。

JD Edwardsがブランチプラントアイテムの自動化を作成

自動化により、メールの件名に基づいてメール内のフォームが収集されます。次に、ボットはフォームからすべてのデータをキャプチャして、ブランチプラントアイテムレコードを作成します。

主なメリット

  • ブランチプラントアイテムを作成するタスクを排除
  • 使用できないデータが見つかった場合に要求者に電子メールを送信することにより、データの不整合の前後を排除します
  • 時間を節約します
  • 精度を向上-エラーなし
  • アイテム作成リクエストから完了までの効率

タスク

  • アイテムマスター-アイテムマスターレコードを作成します
  • ブランチプラント-アイテムの操作-ブランチプラントアイテムを作成します
  • ReadのOutlookメールと添付ファイルの抽出と読み取り
  • データ検証タスク
  • 完了したタスクの電子メールを送信し、欠落または不完全なデータがあるかどうかを示します

JDE Branch Plant Item Create Requestボットは、電子メールでリクエストフォームを受け取ります。それはそれから
必要に応じて、要求されたアイテムを作成しながらブランチプラントに追加します。

1. ボットは監視対象サーバーでメールを受信しました
2. JDEを起動する
3. サーバー上の未読メールをループして有効なレコードを保存する
4. フィルターされたフォルダーのループを開始する
5. Excelフォームを開く
6. ブランチ/プラントが有効であることを確認してください
7. Excelテーブルのループを開始する
8. アイテムマスターブラウズの操作に移動(p4101)
9. アイテムがすでにJDEに存在していたことを記録する
10. アイテムがJDEに追加されたことを記録する
11% アイテムブランチの操作に移動(P41026)
12% ブランチ/プラントとアイテム番号を検索
13% JDEの目的のブランチ/プラントに項目がすでに存在することを記録します
14ブランチプラントにアイテムを追加
15 ドルJDEのブランチプラントにアイテムが追加されたことを記録する
19 ドルExcelループの終わり
20% 依頼者にメールを送る
21ファイルをアーカイブフォルダに移動する
22% フィルターされたフォルダーのループを終了する
23. JDEからログアウトする

30 日間のフリー トライアルを開始する

1 Bot あたり 2000 米ドル
年間サブスクリプション

追加購入オプションの見積もりを依頼する

Botセキュリティ プログラム
レベル 1
アプリケーション
業務プロセス
カテゴリ
ベンダー
オートメーションのタイプ
Bot
最終更新日
2020 年 8 月 24 日
初公開日
2020 年 8 月 24 日
Enterprise のバージョン
11.3.3
ReadMe
ReadMe
サポート

Bot が動作する様子

機能プロセスマップ
チャレンジ-ソリューション-結果
テクニカルプロセスマップ
前へ 次へ
機能プロセスマップ
チャレンジ-ソリューション-結果
テクニカルプロセスマップ

セットアップ工程

インストール

Bot をダウンロードし、指示に従って AAE Control Room にインストールします。

構成

Bot を開いて、Bot に必要なユーザー名とその他の設定を構成します (詳細については、インストール ガイドまたは ReadMe を参照)。

実行

これで Bot の準備は完了です。すぐに実行してみましょう。

要件と入力内容

  • Outlookメールアドレス
  • フォルダー パス
  • JD Edwards環境リンク
  • JD Edwardsのユーザー名とパスワード