免責事項:本ページに掲載する情報には、お客様の利便性のために機械翻訳を使用しています。そのため、情報の正確性、相当性、完全性などを保証するものではありません。または、当翻訳の正確性に関わる問題が発生した場合も、オートメーション・エニウェアは一切の責務を負いませんのでご了承ください。オリジナルの英語版も合わせてご確認ください。

ツェンデスクのチケット、ユーザー、組織の管理

Zendeskのチケット、ユーザー、組織の管理を自動化する

主なメリット

  • Zendesk でチケット、ユーザー、また組織を作成、更新、削除、そして表示する単一/一括操作を提供。
  • 操作ごとに異なる入力ファイルを使用して、Zendeskにデータを入力する柔軟性を提供します。
  • 管理者とエージェントに対する異なる認証レベルをサポート。
  • Zendeskでさまざまな操作を実行するためのロールベースのアクセスをサポートします。

タスク

  • Zendesk API と統合して、単一/一括操作を自動化。
  • Zendesk でチケット、ユーザー、および組織を作成、更新、削除、そして表示する単一 / 一括操作を実施。
  • 異なる認証レベルに基づき CRUD 操作をサポート。
  • データを簡単に入力するための入力(テンプレート)ファイルが用意されています。

このボットは、Zendeskスイートのさまざまなチケット、ユーザー、組織を作成、更新、削除、表示するために使用されます。単一操作と一括操作の両方をサポートします。単一操作の場合、AutomationAnywhereの変数から入力データを取得しますClient必要なタスクを実行します-操作の結果としての応答を表示します。一括操作の場合、入力スプレッドシートからデータを取得し、実行結果に関連する詳細とともにその出力を出力スプレッドシートに生成します。

Zendesk で Bot が実行するアクティビティは次のとおりです。

  • 操作を実行する前に、ユーザー ロールとライセンスのチェックを実行
  • 要求タイプによって決定された入力 Excel スプレッドシートからデータを読み取る
  • Zendesk サポート API と統合し、入力データを送信
  • Zendesk スイートで要求を実行
  • 出力Excelスプレッドシートで応答を取得して永続化します

ユース ケース

  • シングル/バルクを自動化します創造ユーザーの役割に基づいて事前定義されたフィールドのセットを持つチケット、ユーザー、および組織の。
  • シングル/バルクを自動化します更新ユーザーの役割に基づいて事前定義されたフィールドのセットを持つチケット、ユーザー、および組織の。
  • シングル/バルクを自動化します検索ユーザーの役割に基づいて事前定義されたフィールドのセットを持つチケット、ユーザー、および組織の。
  • シングル/バルクを自動化します削除ユーザーの役割に基づいて事前定義されたフィールドのセットを持つチケット、ユーザー、および組織の。

ボットのセットアップ、構成、および使用法の詳細については、「Zendeskユーティリティ-AppPerfectCorporation-Readme」を参照してください。

30 日間のフリー トライアルを開始する

1 Bot あたり 1000 米ドル
年間サブスクリプション

追加購入オプションの見積もりを依頼する

Botセキュリティ プログラム
Level 3
アプリケーション
業務プロセス
カテゴリ
ダウンロード回数
17
ベンダー
オートメーションのタイプ
Bot
最終更新日
2020 年 11 月 25 日
初公開日
2019 年 11 月 20 日
Enterprise のバージョン
11.3.3
ReadMe
ReadMe
エンド ユーザー使用許諾契約
EULA
サポート

Bot が動作する様子

入力
MetaBot
出力
前へ 次へ
入力
MetaBot
出力

セットアップ工程

インストール

Bot をダウンロードし、指示に従って AAE Control Room にインストールします。

構成

Bot を開いて、Bot に必要なユーザー名とその他の設定を構成します (詳細については、インストール ガイドまたは ReadMe を参照)。

実行

これで Bot の準備は完了です。すぐに実行してみましょう。

要件と入力内容

  • Automation Anywhere Enterprise v11.3.3 以降
  • Zendesk アカウント
  • 入力エクセル(.xlsx)ファイル