免責事項:本ページに掲載する情報には、お客様の利便性のために機械翻訳を使用しています。そのため、情報の正確性、相当性、完全性などを保証するものではありません。または、当翻訳の正確性に関わる問題が発生した場合も、オートメーション・エニウェアは一切の責務を負いませんのでご了承ください。オリジナルの英語版も合わせてご確認ください。

さまざまな RingCentral 操作を実行

この Bot は、SMS 送信、ファックス、通話およびメッセージの記録、チーム、タスク、メモ、カレンダー イベント、投稿、連絡先に関する CRUD 操作といった操作を自動化します。

主なメリット

  • ユーザーは Bot 経由で操作を簡単に実行、管理できる。
  • CSV/Excel ファイルまたは JSON アレイ入力を用いた RingCentral オブジェクトの単一/バルク作成、更新、削除を自動化
  • 日常業務における大量の反復作業の負担から解放
  • 24 時間 365 日利用可能な自動化を通じてデータ入力の実行をスピードアップ

タスク

  • 米国内のフリーダイヤル番号で SMS の送受信が可能
  • RingCentral Team Messaging は、プロジェクト管理に役立てることも可能
  • タスク、イベント、メモ、チーム、投稿の作成
  • タスク: タスク/実行リストの管理。タスクが完了すると通知される。
  • イベント: カレンダー イベント、プロジェクト期限、同僚の休暇などを作成
  • メモ :メモを作成するか、重要なアイデアのスクラッチ パッドを維持する。
  • チーム:チームを作成し、チーム メンバーのリストを追加
  • 投稿:指定したチャット内に投稿を作成

ボットは、連絡先、タスク、メモ、チーム、投稿、カレンダーイベント、メッセージなどのRingCentralオブジェクトに対して、作成、更新、削除、リスト操作(単一および一括の両方)を実行します。
SMS、FAXを送信することもできます。
ボットは、会社の通話ログ、ユーザーログレコード、および会話の削除を一覧表示することもできます。

入力:
アクセスコード(ボットのダウンロード後に取得)
RingCentral資格情報(認証用):ベースURL、ClientId、ClientSecret、ユーザー名、パスワード。
単一コマンドの場合:ボット変数
一括コマンドの場合:CSV / ExcelファイルまたはJSON配列

出力:
JSON配列/オブジェクト。

各操作の詳細については、Read-me ファイルを参照してください。

今すぐ購入

1 Bot あたり 500 米ドル
年間サブスクリプション

30 日間のフリー トライアル

追加購入オプションの見積もりを依頼する

Botセキュリティ プログラム
レベル 1
アプリケーション
業務プロセス
カテゴリ
ベンダー
オートメーションのタイプ
Bot
最終更新日
2020 年 7 月 27 日
初公開日
2020 年 5 月 4 日
Enterprise のバージョン
11.3.3
エンド ユーザー使用許諾契約
EULA
サポート

Bot が動作する様子

MetaBot
TaskBot
Bot の実行
前へ 次へ
MetaBot
TaskBot
Bot の実行

セットアップ工程

インストール

Bot をダウンロードし、指示に従って AAE Control Room にインストールします。

構成

Bot を開いて、Bot に必要なユーザー名とその他の設定を構成します (詳細については、インストール ガイドまたは ReadMe を参照)。

実行

これで Bot の準備は完了です。すぐに実行してみましょう。

要件と入力内容

  • Automation Anywhere Enterprise v11.3.3 以降。
  • RingCentral アカウント。
  • 入力 Excel スプレッドシート/CSV/JSON