免責事項:本ページに掲載する情報には、お客様の利便性のために機械翻訳を使用しています。そのため、情報の正確性、相当性、完全性などを保証するものではありません。または、当翻訳の正確性に関わる問題が発生した場合も、オートメーション・エニウェアは一切の責務を負いませんのでご了承ください。オリジナルの英語版も合わせてご確認ください。

RPA を使用したすべてのサンドボックス用サンドボックス シーディング データ

開発とテストに最適な本番に似たサンドボックスを作成します。

主なメリット

  • 各チーム メンバーにプライベート サンドボックスを与える。コード、テスト、POC を他者との干渉なしに自由に行える。
  • 部分的なサンドボックスに正確な関連データを入力して、より良いテスト結果を得られる。
  • 未完成コードを誤って導入することなく、開発とサポートを実現する専用サンドボックス
  • 特定のサンドボックス テスト データ セットを準備するための適格なデータを特定する。

タスク

  • CSV ファイルの読み取り (オブジェクトのリスト)
  • Salesforce メタデータをスキャンして依存関係を確認
  • 依存関係を確認するためにエクスポートする必要があるデータのオブジェクト リストを導出
  • 本番環境からデータをエクスポート
  • 各オブジェクトの外部 ID フィールドの作成
  • 本番環境からサンドボックスへエクスポートされたデータのロード

この Thirdware Bot は、Salesforce 管理者が、コード、テスト、POC、トレーニングを目的として開発サイクルに関連するデータのサンドボックス シーディングを行う上で役立ちます。各プロジェクトの開発環境の利用可能性は、他の開発者に干渉することなく、開発に必要な時間を短縮します。
Salesforce がクラウド上にあるからといって、それが IT のコア資産にならないわけではありません。ハードウェアやソフトウェアを所有していない場合でも、一般的に Salesforce に保存されているデータは Salesforce.com (SFDC) ライセンス費用よりもはるかに価値があります。さらに、営業、マーケティング、サポートにおける生産性の向上によって、CRM データの本質的な価値が小さくなります。最初から Salesforce に多くの投資を行う価値があるのはこうした理由からです。生産性が高く満足しているユーザーは、システム インフラストラクチャとデータ品質に依存します。このため、システム管理者を適切に編成する必要があります。Salesforce 管理者の日常業務に役立つよう、Thirdware は、さまざまなアドホック、毎週、毎月、四半期毎、また年次のデータ バックアップ タスクを処理する一連の Bot を生産しています。これは、このシリーズのもうひとつの Bot です。

Salesforce を使用しているトップ企業は、新機能とアップデートを積極的にリリースしています。これによって、Salesforce の開発者と管理者は確実に忙しい時間を過ごしています。残念なことに、テストの完了に必要なことの多い、関連する新しいテスト データの入手は極めて困難であり、時間がかかります。この Bot は、Salesforce 管理者が開発ニーズに従って迅速にサンドボックスをシードする上で役立ちます。Salesforce には、バルク API/REST API のような API があり、データのバックアップとアップロードを容易にします。たとえ API を使用しても、サンドボックス シーディング タスクは反復的で煩わしく、時間がかかります。組織間の依存関係の確保によってこれが非常に複雑化しているのです。この Bot はこれらのすべてに対応します。

30 日間のフリー トライアルを開始する

1 Bot あたり 2000 米ドル
年間サブスクリプション

追加購入オプションの見積もりを依頼する

Botセキュリティ プログラム
Level 2
アプリケーション
業務プロセス
カテゴリ
ベンダー
オートメーションのタイプ
Bot
最終更新日
2020 年 7 月 24 日
初公開日
2020 年 2 月 25 日
Enterprise のバージョン
11.3.3
ReadMe
ReadMe
サポート
SKU
SB_SD_ALL_SB_RPA

Bot が動作する様子

Salesforce サンドボックス シーディング
サンドボックス シーディング プロセス
Salesforce
前へ 次へ
Salesforce サンドボックス シーディング
サンドボックス シーディング プロセス
Salesforce

セットアップ工程

インストール

Bot をダウンロードし、指示に従って AAE Control Room にインストールします。

構成

Bot を開いて、Bot に必要なユーザー名とその他の設定を構成します (詳細については、インストール ガイドまたは ReadMe を参照)。

実行

これで Bot の準備は完了です。すぐに実行してみましょう。

要件と入力内容

  • Menu.csv - サンドボックスに入力する必要があるオブジェクトのリスト
  • SalesforceSeedingSalesforce.csv - Salesforce の本番およびサンドボックスに接続する資格情報