免責事項:本ページに掲載する情報には、お客様の利便性のために機械翻訳を使用しています。そのため、情報の正確性、相当性、完全性などを保証するものではありません。または、当翻訳の正確性に関わる問題が発生した場合も、オートメーション・エニウェアは一切の責務を負いませんのでご了承ください。オリジナルの英語版も合わせてご確認ください。

明確なエラーメッセージで例外をスローする

このMetaBot明確なエラーメッセージを含む例外を意図的に作成します。これは、エラー処理コマンドで処理できます。

主なメリット

  • サブタスクでエラーが発生した場合、親タスクを故意に失敗させます
  • カスタムエラーメッセージは、Control Room

タスク

  • 指定された時間に例外をスローします
  • カスタムエラーメッセージを生成する

これを使ってMetaBot明確なエラーメッセージを含むエラーを意図的に作成します。エラーメッセージは、[エラー処理]コマンドを使用して処理できます。

現在、サブタスク(子タスク)の1つでエラーが発生した場合でも、親タスクは「成功」としてマークされます。このボットを使用すると、このシナリオをキャッチするために意図的にエラーメッセージをトリガーできます。サブタスクでエラーが発生するたびに、親タスクで意図的にエラーを発生させることができるため、親タスクを「失敗」としてマークすることができます。Control Room 。

Bot を入手

無料

Botセキュリティ プログラム
レベル 1
アプリケーション
業務プロセス
カテゴリ
ダウンロード回数
246
ベンダー
オートメーションのタイプ
Bot
最終更新日
2020 年 12 月 4 日
初公開日
2019 年 10 月 10 日
Enterprise のバージョン
11.3
ReadMe
ReadMe
サポート

Bot が動作する様子

カスタム エラー メッセージ
監査ログにエラー メッセージが表示されました
過去のアクティビティに関するエラー メッセージ
前へ 次へ
カスタム エラー メッセージ
監査ログにエラー メッセージが表示されました
過去のアクティビティに関するエラー メッセージ

セットアップ工程

インストール

Bot をダウンロードし、指示に従って AAE Control Room にインストールします。

構成

Bot を開いて、Bot に必要なユーザー名とその他の設定を構成します (詳細については、インストール ガイドまたは ReadMe を参照)。

実行

これで Bot の準備は完了です。すぐに実行してみましょう。

要件と入力内容

  • .NET Framework 4.8、4.7.2、4.7.1、4.7、4.6.2、4.6.1、4.6、4.5.2、4.5.1、4.5、4.0、3.5、3.0、2.0、1.1