免責事項:本ページに掲載する情報には、お客様の利便性のために機械翻訳を使用しています。そのため、情報の正確性、相当性、完全性などを保証するものではありません。または、当翻訳の正確性に関わる問題が発生した場合も、オートメーション・エニウェアは一切の責務を負いませんのでご了承ください。オリジナルの英語版も合わせてご確認ください。

コマンドラインを介したユニバーサルSAP Tコードオートメーションボット

Winshuttle CLIボットにより、SAP ECC / S4のデータ収集、検証、移動を実行しながら、ほぼすべてのSAP Tコードの自動化と実行が可能になります

主なメリット

  • 手動データ入力を削減して、時間を節約し、データ品質を向上させます。
  • SAP GUIに触れることなく、SAPデータを簡単にアップロード/ダウンロードできます。
  • プログラミングなしで複雑なビジネス プロセスを自動化します。

タスク

  • SAP へのデータインポートの自動化
  • WinshuttleコマンドラインインターフェイスからSAPプロセスを簡単かつ安全に実行
  • SAP に投稿する前にデータを検証する
  • SAP でデータを作成、抽出、更新する場合の BAPI を使用
  • コンプライアンス要件とセキュリティ標準を確保します。
  • SAP GUI に関連せずに SAP データを作成して変更

この Bot で提供されるユース ケースの例:
-データ移行: SAP の初期実装中や、M&A アクティビティの際に、レガシー システム データを SAP 環境に読み込みます。
-データの保守と転換: 価格変更と給与変更に関する SAP データへの一括変更
-データ統合: ベンダーの請求書または銀行取引明細書を SAP アプリケーションに読み込み中
-質量データの作成: SAP システムでの新しいマスター データ (材料、ベンダー、顧客など) またはトランザクション データ (ジャーナル バウチャー、請求書など) の作成

Bot を入手

無料

Botセキュリティ プログラム
レベル 1
アプリケーション
業務プロセス
カテゴリ
ダウンロード回数
32
ベンダー
オートメーションのタイプ
Bot
最終更新日
2020 年 8 月 18 日
初公開日
2020 年 6 月 26 日
Enterprise のバージョン
11.3
Community のバージョン
11.3.1
ReadMe
ReadMe
サポート

Bot が動作する様子

AAIでのWinshuttleコマンドラインインターフェイスの使用
SAPへのログオン
前へ 次へ
AAIでのWinshuttleコマンドラインインターフェイスの使用
SAPへのログオン

セットアップ工程

インストール

Bot をダウンロードし、指示に従って AAE Control Room にインストールします。

構成

Bot を開いて、Bot に必要なユーザー名とその他の設定を構成します (詳細については、インストール ガイドまたは ReadMe を参照)。

実行

これで Bot の準備は完了です。すぐに実行してみましょう。

要件と入力内容

  • Winshuttle Studio 12.x Connectライセンス
  • Windows 10
  • Office 365 の一部として Excel 2016