免責事項:本ページに掲載する情報には、お客様の利便性のために機械翻訳を使用しています。そのため、情報の正確性、相当性、完全性などを保証するものではありません。または、当翻訳の正確性に関わる問題が発生した場合も、オートメーション・エニウェアは一切の責務を負いませんのでご了承ください。オリジナルの英語版も合わせてご確認ください。

A2019-2要素認証パッケージ

このコマンドパッケージを使用すると、ボット開発者は、時間ベースの使い捨てパスワードに基づいて、追加レベルのセキュリティでボットを保護できます。

主なメリット

  • 有人モードのボットをロックして、適切な権限を持つユーザーのみが実行できるようにする
  • 有人モードで機密データに触れるボットよりもセキュリティを強化する
  • データを共有する既存のプロセスに2要素認証を追加する

アクション

  • Google AuthenticatorなどのTOTP認証アプリで使用するQRコードを生成する
  • ワンタイムの時間ベースのパスワードを検証します
  • 電子メールまたはテキストで配布するためのワンタイムパスワードへのアクセスを提供します

セキュリティと機密性は、今日の企業幹部にとって最も重要です。多くのボットは、金融システムや人材など、ビジネスに不可欠なデータにアクセスすることがよくあります。これらのボットの多くが有人モードで動作するようになっているので、ボットを実行している人がユーザー名とパスワードだけでなくそうする権限を持っていることを確認することは有用かもしれません。二要素認証はその機能を提供します。

さらに、このパッケージを使用して、他のビジネスプロセスの一部として2要素認証を実装することもできます。たとえば、コードを生成し、テキストまたは電子メールで既知の個人に送信できます。そのコードは、Webサイトへのアクセスなど、別のプロセス内で取得するために保存できます。

QRコードの作成にはメールと会社名が必要です。これらはTOTP認証アプリで参照するためのもので、ユーザーが認識できる任意の識別子にすることができます

パッケージの取得

無料

Botセキュリティ プログラム
レベル 1
アプリケーション
業務プロセス
カテゴリ
ダウンロード回数
32
ベンダー
オートメーションのタイプ
パッケージ
最終更新日
2020 年 8 月 21 日
初公開日
2020 年 8 月 21 日
Enterprise のバージョン
A2019
ReadMe
ReadMe
サポート

実行中のパッケージを参照

メイン
QRコードの例
パッケージに含まれるアクション
デモボットに含まれるもの
前へ 次へ
メイン
QRコードの例
パッケージに含まれるアクション
デモボットに含まれるもの

セットアップ工程

インストール

Bot をダウンロードし、指示に従って AAE Control Room にインストールします。

構成

Bot の パッケージを使用します。キーを設定するには、パッケージが必要です ( の詳細は Readme を参照してください)。

実行

以上です。これで Bot の準備ができました。

要件と入力内容

  • QRコードはアクセス可能なファイルシステムとディレクトリに書き出されます