免責事項:本ページに掲載する情報には、お客様の利便性のために機械翻訳を使用しています。そのため、情報の正確性、相当性、完全性などを保証するものではありません。または、当翻訳の正確性に関わる問題が発生した場合も、オートメーション・エニウェアは一切の責務を負いませんのでご了承ください。オリジナルの英語版も合わせてご確認ください。

ICU4Jパッケージを使用して日本語の文字列を変換する

このパッケージは、日本語の文字列を目的の形式に変換します。

このパッケージのソースコードは、 Automation AnywhereGitHubページ

主なメリット

  • 日本語文字列をアクションに変換します。
  • 言語の変動の制御
  • 各システムに対して異なる文字列の形式を解凍します。
  • 外部REST API は使用されていないため、インターネット環境は不要です。

アクション

  • ハルフィングへの全幅
  • ハルファイ幅
  • カタカナから Hiragana へ
  • ハイラガナからカタカナへ
  • ヒラガナからラテンアルファベット
  • 正規化

このパッケージは、文字列の変換ライブラリ内の ICU4J と Java テキストの正常子を使用して文字列を変換します。
日本語文字列に関連した問題を解決するためのパッケージです。
サンプル Bot が含まれています。

• 入力: 文字列または文字列変数
• アクション: パッケージに含まれているライブラリにより、文字列文字列を自動的に変換します。
• 出力: 変換された文字列は変数に保存されます

このパッケージのソースコードは、 Automation AnywhereGitHubページ

パッケージの取得

無料

Botセキュリティ プログラム
レベル 1
アプリケーション
業務プロセス
カテゴリ
ダウンロード回数
54
ベンダー
オートメーションのタイプ
パッケージ
最終更新日
2021 年 5 月 24 日
初公開日
2020 年 5 月 27 日
プラットフォーム
Automation 360
サポート

実行中のパッケージを参照

文字列(日本語ICU4J)パッケージ
サンプル ボット:
入力/出力サンプル
前へ 次へ
文字列(日本語ICU4J)パッケージ
サンプル ボット:
入力/出力サンプル

セットアップ工程

インストール

Bot をダウンロードし、指示に従って AAE Control Room にインストールします。

構成

Bot の パッケージを使用します。キーを設定するには、パッケージが必要です ( の詳細は Readme を参照してください)。

実行

以上です。これで Bot の準備ができました。

要件と入力内容

  • すべての手順が読み取り対象のファイルに更新されました