免責事項:本ページに掲載する情報には、お客様の利便性のために機械翻訳を使用しています。そのため、情報の正確性、相当性、完全性などを保証するものではありません。または、当翻訳の正確性に関わる問題が発生した場合も、オートメーション・エニウェアは一切の責務を負いませんのでご了承ください。オリジナルの英語版も合わせてご確認ください。

Windows ヘルス チェック

この Bot は、オペレーティング システム、デバイス ドライバー エラー、ネットワーク インターフェース、ローカルおよびリモート システムからのシステム警告の詳細を抽出するために開発されました。

主なメリット

  • 単一のファイルでローカルおよびリモート システムの詳細情報を簡単に抽出
  • ユーザーは複数のサーバー名を指定可能
  • 100% 正確な結果
  • 手作業による介入を削減

タスク

  • 入力ファイル、すなわち、Localhost またはリモート サーバーの名前、そのユーザー名、パスワードの詳細を入力
  • Bot を実行
  • 詳細なログ ファイルは、ローカル システムとリモート サーバーの両方の出力ファイルで生成される。

この Bot は、ローカルおよびリモート サーバー システムから詳細な情報を抽出するために開発されました。
ユーザーは、入力ファイルのユーザー名およびパスワードとともに、「Localhost」または「Remote server name」のいずれかを入力できます。
Bot は、複数のサーバーから詳細な情報を抽出することもできます。
出力ファイルにおいて入手できる詳細は以下のとおりです。

1. 接続テスト
2. 機械稼働時間
3. オペレーティング システムの詳細
4. プロセッサの詳細
5. デバイス ディスク ステータス
6. 未接続であったデバイス ドライバ
7. ネットワーク インターフェース ステータス
8. 機械稼働時間以降のシステム警告
9. 機械稼働時間以降のシステム エラー

今すぐ購入

1 Bot あたり 50 米ドル
年間サブスクリプション

30 日間のフリー トライアル

追加購入オプションの見積もりを依頼する

Botセキュリティ プログラム
レベル 1
アプリケーション
業務プロセス
カテゴリ
ベンダー
オートメーションのタイプ
Bot
最終更新日
2020 年 7 月 24 日
初公開日
2020 年 4 月 14 日
Enterprise のバージョン
11.3.3
ReadMe
ReadMe
サポート

Bot が動作する様子

プロセス
コード
ワークフロー
前へ 次へ
プロセス
コード
ワークフロー

セットアップ工程

インストール

Bot をダウンロードし、指示に従って AAE Control Room にインストールします。

構成

Bot を開いて、Bot に必要なユーザー名とその他の設定を構成します (詳細については、インストール ガイドまたは ReadMe を参照)。

実行

これで Bot の準備は完了です。すぐに実行してみましょう。

要件と入力内容

  • システムにリモート接続して詳細を抽出する場合、ユーザーには WMI (Windows 管理計装) が必要です。
  • 入力ファイルに記載されているサーバーは同一ネットワーク上に存在する必要があります。